buymaに登録してみた時の話

こんにちは、マリンゴです。

バイマ登録のきっかけ

こちらの記事の流れから、なんとなく登録したバイマ。
でもそれが転売屋さんのきっかけとなる。

 

 

私どうせ海外からいつも服送ってもらってるし、人の分も頼んだら送料位は無料になるんじゃね??
出品してもし売れたら、その時に自分が欲しいのも買お〜っと♫という考え。

 

 

私は10代20代の頃多分少しミーハーな子だったので(30代にはいると急にミーハー心はなくなる)
いつも日本にない海外製品に憧れを抱いておりました。

よくMotelというイギリスのネットショップで服を買っていたので、もれなくそこのものを
40商品くらいバイマにも載せてみる。

当時はバイマも今のように国内ショッパーは溢れておらず、
『えっ?日本にいるのに儲かるわけなくない??』という風潮がすごかった記憶。

そして案の定、その出した40商品ほどは最初に登録した2012年冬全く売れず
自分の中で『まっ国内にいるしそりゃあ無理か。』と思いそのまま放置で終了。

派遣でデパートで働きながら日々過ごす事になります。

はじめて売れた時

そして2013年冬、その年はヴィクシーのセットアップを買ったんだけど
やっぱり質ジューシーのがいいなあと思ってジューシーを買うことに。

そういえば・・・・・・ケチな私は思いだす。

これもバイマだして売れたら、送料位は私の分ただにならないかな〜と。

そして出品してみる。

一年近く触っていなかったアカウント、これが男女関係で、久々に女の子に連絡する男の子だったら
都合がよすぎてかなり顰蹙を買うであろうが、バイマは怒らずジューシーを出品できた。

数日後、なんと売れたらいいな位の気持ちで出した服が売れているじゃあないか!!!


人間はやっぱりだめかあと思った時は全くもってやる気を失う生き物だけど、
一個でも売れたらそれはかなり自信に繋がり、やる気がでる。

そんな経験ありませんか?
私はとくにそういうタイプなので、一個も売れないと心の底から鬱になり、ああ何をやってもダメな人間だと落胆し、一個でも売れたら、私天才ではなかろうか、よし!!!と急にボルテージマックスになる。

ボルテージマックスになった私はジューシークチュール=セットアップなので
セット売りの商品を出品した。
単品だろうとセットだろうととりあえずサイトに載っているものは結構出品したと思う。

これも売れる。
ジューシークチュールというブランドのおかげで私はちょっぴり自信がついた。
なんだ日本にいても転売できるじゃん!

ここから私はちょこちょこデパートで働きながらバイマを出品するという生活が始まる事になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =

ABOUTこの記事をかいた人

buyma出身転売ヤー。最近は昔ほど転売がうまくいかず現在次にやる事を模索中です。 私が失敗した事・うまくいった事は全部ここでシェアしたいと思っています。 amazonやアフェリエイト、試した事と失敗した事、wordpressのプラグインの備忘録・welcartの操作方法など綴っていきたいと思います。 趣味 マイルで行く旅行、タイが好きです。 好きなもの 30代になってもキティちゃん 就活でサンリオに落とされてガチ泣きしました。